例年、赤い羽根共同募金・日本赤十字募金と募金運動が行われています。
赤い羽根共同募金は、募金の約70%は、募金をした地元で使われ、残りの約30%は市区町村を超えて広域的な課題を解決するために、都道府県の範囲内で使われています。
地元では高齢者福祉・児童・青少年健全育成等に地域福祉活動資金として還元されています。

※2020・21年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により街頭の募金活動は中止となりました。

2021年 赤い羽根共同募金・自治会別金額一覧

自治会名・団体名 赤い羽根共同募金 日赤募金
A募金 B募金
1丁目 31,250 69,000 61,500
1丁目パークスイーツ 27,500 0 25,300
2丁目 33,250 4,500 28,600
2丁目北 6,500 0 7,500
2丁目南 9,000 7,200 22,500
2丁目南苑 34,000 28,490 39,000
3丁目 22,750 23,000 36,500
3丁目北 17,500 19,000 20,500
3丁目中 16,750 0 13,400
3丁目南 11,7500 6,000 11,400
地区社会福祉協議会、地区民生・児童委員協議会 20,000
合計 210,250 177,190 266,200