学園南地域自治協議会ホームページ > 防災・防犯部会

防災・防犯部会

令和3年度 方針と重点施策

1.方針

  1. 奈良市及び地区主催の講習会、講演会、防災訓練等における行事への参加を要請し、特に各地区の防災会・防犯会役員の知識向上と防災・防犯における対応力を高める。
  2. 地域自治協議会組織、関係関連団体との協働により、自主防災防犯活動の輪を広げ、多くの住民に対して活動の重要性を強くアピールし活性化を図る。
  3. 「自分たちの地域は自分たちで守る」ことを自覚し、「共助」・隣近所が助け合う「近助」の意識を拡大、近隣住民との連帯感を構築する。
  4. 警察機関、安全推進委員会等との協働・連携を行い、地区防犯会のパトロール強化に努める、併せて地域住民の防犯意識の向上と防犯知識の高揚を図る。

2.自主防災防犯協議会の重点施策

地域自治協議会の組織として、自主防災防犯協議会が主体となり、地区防災会・防犯会に対して指示指導を実施する。
災害発生時には被害を最小限に食い止めるための応急対策活動を実施し、各地区役員が主体的に活動・行動が行えるよう計画的に訓練・研修等を実施する。
また関連団体との連携を図り、連帯活動によって目的である地域住民の「安全・安心・住みやすいまちづくり」に向けた活動を推進する。

2-1.防災部門の重点施策

  1. 防災会議の実施
    ・各地区防災会役員の知識向上を目的とし、地域住民に防災活動内容を周知
  2. 防災訓練の実施
    ・コロナウイルスの感染防止対策を考慮した防災訓練の実施
    (訓練の実施により、避難所運営の対応力、役割と行動を確認、災害発生時には助け合いのできる行動と地域住民同志のふれあいの場とする。)
  3. 防災組織の体制強化(協議会及び地区防災会の体制強化)
    ①協議会と防災会組織の強化、地域住民の開催行事への参加を要請
    ②避難所開設運営マニュアルの課題解消(コロナ対策)に向けた継続協議
    ③地区防災会による地区独自訓練の実施(隣近所安否確認・要支援者訓練)
    ④防災士の創出(地区リーダーの拡大)
  4. 防災用品・防災機材の拡充(コロナ感染対策機材・備品の補充)
  5. 他地区防災防犯組織との連携を強化

2-2.防犯部門の重点施策

  1. 防犯講習会の実施(防犯役員、地域住民に対し特殊詐欺被害対策等を周知)
  2. 防犯パトロール活動の強化
    ・地域安全推進委員・交通安全指導員・防犯会との連携によって、より効果が発揮できる地域内パトロールを実施
  3. 子ども見守り隊活動の推進(PTA等関連団体との連携により取組み強化)
  4. 防犯・防災相談日の活用(自治会長・民に生委員・安全推進委員の協力)

組織図

※画像をクリックすると拡大表示します。

会則

学園南地区自主防災・防犯協議会 会則(PDFファイル)

関連ページ